天気予報を見る
 
新聞購読申込

衛星用ロケット23年に打ち上げ/北海道の宇宙ベンチャー

2019/03/19 15:57

 2023年打ち上げを目指すインターステラテクノロジズのロケット「ZERO」の模型。右は別に開発した観測ロケット=19日午後、東京都中央区
 2023年打ち上げを目指すインターステラテクノロジズのロケット「ZERO」の模型。右は別に開発した観測ロケット=19日午後、東京都中央区

 実業家の堀江貴文さんらが設立した北海道大樹町の宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」は19日、重さ100キロ以下の超小型衛星を宇宙に運ぶ小型ロケット「ZERO(ゼロ)」を開発し、初号機を2023年に打ち上げるとの目標を発表した。

 東京都内で記者会見した稲川貴大社長は「超小型衛星が安くなり、打ち上げ需要が高まっているが、ロケットは足りない。アジアや欧州の需要を取り込み、安価で国際競争力のあるロケットを目指す」と話した。

 ZEROは全長22メートル、重さ35トンの2段式の液体燃料ロケット。衛星を高度500キロ程度の軌道に投入する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.