天気予報を見る
 
新聞購読申込

日本原電、原子炉解体5年再延期/茨城・東海原発の廃炉工程

2019/03/14 19:03

 日本原子力発電は14日、茨城県東海村の東海原発で進めている廃炉作業で、2019年度に開始予定だった原子炉解体工事を5年延期し、24年度に先送りすると発表した。解体開始の延期は10年、13年に続き3度目。廃炉の完了予定も25年度から30年度にずれ込む見込み。東海原発は国内初の商業用原発で、1998年に運転を停止した。

 原電によると、解体作業で炉内構造物を撤去する装置や、収納する容器の設計が遅れているのが原因。炉心から出る廃棄物は放射性物質濃度が比較的高く、地表から深く掘った場所に埋める必要があるが、国の基準が未整備で、処分地が決まっていない。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.