天気予報を見る
 
新聞購読申込

福島医大、被ばく論文で調査/不同意データ使用問題

2019/02/23 11:21

 東京電力福島第1原発事故後、福島県伊達市の住民の個人被ばく線量が本人の同意がないまま論文に使用された問題で、研究を承認した福島県立医大が調査委員会を設置し、調査を始めたことが23日、分かった。論文不正がないか申し立てていた住民の代理人が、県立医大から調査開始の通知が22日にあったと明らかにした。

 論文は宮崎真県立医大講師と早野龍五東京大名誉教授の共著で、英専門誌に掲載された。市は個人線量計で測定した住民の被ばく線量について、著者側に分析を依頼し、データを提供。約5万9千人分のデータが使われたが、約2万7千人分は利用について同意がなかったことが判明した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.