天気予報を見る
 
新聞購読申込

白黒のしま模様で虫よけ?/シマウマ、米欧研究者実験

2019/02/22 06:21

 絶滅が危惧されるグレビーシマウマ=2018年1月、ケニア中部(ロイター=共同)
 絶滅が危惧されるグレビーシマウマ=2018年1月、ケニア中部(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】シマウマの白と黒のしま模様について、米欧の研究チームは21日までに、アブなど血液を吸う虫を体表に止まりにくくする効果があるとの研究結果を米科学誌に発表した。生息地のアフリカで、虫を介して致死性の感染症に罹患するのを避けるためにしま模様が進化した可能性がありそうだ。

 英BBC放送によると、複数の研究者は、しま模様が虫の目をくらませることで、体表にうまく着地させないようにする効果があるとみている。

 しま模様が存在する理由としては、ライオンなどの捕食動物から身を守るためのカムフラージュとする説や、体温を調節する機能があるとの説もある。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.