天気予報を見る
 
新聞購読申込

衛星全7基を軌道投入に成功/イプシロン、技術は熟成

2019/01/18 18:47

 小型ロケット「イプシロン」4号機の打ち上げに成功し、記者会見するJAXAの山川宏理事長=18日午後、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所
 小型ロケット「イプシロン」4号機の打ち上げに成功し、記者会見するJAXAの山川宏理事長=18日午後、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小型ロケット「イプシロン」4号機は18日、人工的に流れ星を発生させる宇宙ベンチャーの衛星など、搭載していた全7基の衛星を予定の軌道に投入し、2013年の初号機打ち上げから4回連続で打ち上げに成功した。

 JAXAの山川宏理事長は記者会見で「技術が成熟してきた。新しい宇宙ビジネスの創出を期待したい」と述べた。

 イプシロンは今後需要が高まるとみられる小型衛星の打ち上げに特化したロケット。山川氏は主力のH2Aとともに「政府として宇宙へのアクセスを維持するため重要」と強調した。一方、打ち上げ費用については圧縮していく考えを示した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.