天気予報を見る
 
新聞購読申込

中国、月面基地の可能性模索へ/今後の観測通じ

2019/01/14 18:29

 月面の裏側で探査車「玉兎2号」から撮影した無人探査機「嫦娥4号」。中国国家宇宙局が11日公開した(新華社=共同)
 月面の裏側で探査車「玉兎2号」から撮影した無人探査機「嫦娥4号」。中国国家宇宙局が11日公開した(新華社=共同)

 【北京共同】中国国家宇宙局は14日、無人探査機「嫦娥4号」が世界で初めて月の裏側に着陸したことを受け北京で記者会見を開き、今後の観測を通じ、月面の科学研究基地建設の可能性を模索すると明らかにした。

 会見した呉艶華副局長は、嫦娥5号を打ち上げて月面の試料を採取し、地球に帰還するミッションを年末に実施すると発表。さらに6〜8号を打ち上げ、月の南極で試料採取や観測を行った後、基地建設の可能性を探ると述べた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.