天気予報を見る
 
新聞購読申込

産業廃棄物不法投棄、8千トン増/17年度、自治体監視強化の影響

2019/01/11 17:14

 環境省は11日、2017年度に全国で新たに見つかった産業廃棄物の不法投棄は163件、計3万5716トンだったと発表した。前年度より32件多く、量も8378トン増えた。担当者は「ここ数年は、全体としては減少傾向にあるが、自治体などが監視を強化したため発覚した事案が多かったようだ」と話している。

 都道府県別では岐阜が4767トンで最も多く、滋賀4026トン、山梨3553トンと続いた。秋田や徳島など10県はゼロだった。

 種類別では、がれきや木くずといった建設工事に伴う廃棄物が2万5216トンと、全体の7割を占めた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.