天気予報を見る
 
新聞購読申込

東海第2再稼働「とことん協議」/原電社長、地元へ説得続ける意向

2019/01/10 17:54

 日本原子力発電の村松衛社長は10日、東海第2原発(茨城県東海村)の再稼働に関する地元自治体との協議について「私どもから打ち切ることはしない。納得いただくまでとことん協議をさせていただく」と述べ、粘り強く説得を続ける意向を改めて示した。

 水戸市内であった賀詞交歓会後、報道陣に語った。ただ、東海村や那珂市など6市村が再稼働を拒否できるかどうかについては明言を避けた。

 原電と6市村が再稼働に関して結んだ協定を巡り原電側は昨年、「協定に拒否権という言葉はない」と発言した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.