天気予報を見る
 
新聞購読申込

16年熊本地震で誘発考えにくい/政府調査委員会が見解

2019/01/04 21:02

 地震調査委員会の臨時会合後に記者会見する平田直委員長(右)ら=4日夜、文科省
 地震調査委員会の臨時会合後に記者会見する平田直委員長(右)ら=4日夜、文科省

 政府の地震調査委員会(委員長・平田直東京大教授)は4日、文部科学省で臨時会合を開き、熊本県和水町で震度6弱だった3日の地震は「2016年の熊本地震とは直接関係がない」との見解をまとめた。平田委員長は終了後の記者会見で、今回の震源は熊本地震の活動域から北に約20キロ離れていると指摘。「熊本地震に誘発されたとも考えにくい」と述べた。

 会合には気象庁や国土地理院、大学教授らが出席。観測データから地震が起きた仕組みや今後の見通しなどを議論した。

 地震発生は3日午後6時10分ごろ。地震の規模はマグニチュード(M)5・1、震源は地下約10キロにあるとみられる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.