天気予報を見る
 
新聞購読申込

月面探査車「玉兔2号」を分離/中国の「嫦娥4号」

2019/01/04 09:19

 中国の無人月探査機「嫦娥4号」から分離した探査車「玉兔2号」。中国国家宇宙局が公開した=3日(新華社=共同)
 中国の無人月探査機「嫦娥4号」から分離した探査車「玉兔2号」。中国国家宇宙局が公開した=3日(新華社=共同)

 【北京共同】新華社電によると、世界で初めて月の裏側への軟着陸に成功した中国の無人探査機「嫦娥4号」は3日深夜(日本時間同)、月面を走行する探査車「玉兔2号」を分離した。月の裏側の環境などを観測する。

 玉兔2号は、3日午前に軟着陸した嫦娥4号から、レール状の機具を伝って月面に着地した。カメラなど各種の測定装置を搭載し、地形や中性子線などの月面環境を観測するほか、地質も調査する。

 新華社は「実地に探査されたことのない場所で画期的な発見があるだろう」と期待する中国の専門家の声を紹介した。国営メディアは着陸成功を繰り返し報じ、技術力の向上をアピールしている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.