天気予報を見る
 
新聞購読申込

6日午前に全国で「部分日食」/3年ぶり、北で欠け大きく

2019/01/03 17:03

 月が太陽の前を横切る際に太陽の一部が欠けて見える「部分日食」が6日午前、天気が良ければ日本全国で観察できる。北に行くほど欠ける割合が大きくなる。国内で部分日食が見られるのは2016年3月以来、ほぼ3年ぶり。

 ただし、正しい方法で観察しないと目を傷める恐れがある。国立天文台は肉眼ではもちろん、サングラス、下敷きなどを通して見るのもやめるよう注意。厚紙に小さな穴を開け、紙の影の中に太陽の形を映す「ピンホール」や、専用グラスを使うよう呼びかけている。

 国立天文台によると、日食の始まりは札幌市で午前8時46分、東京で同43分、那覇市で同50分。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.