天気予報を見る
 
新聞購読申込

探査ロボに命名、イブーとアウル/JAXA、りゅうぐう着陸の2台

2018/12/13 21:48

 ミミズクやフクロウにちなんで「イブー」(左)と「アウル」と命名された小型探査ロボット(JAXA提供)
 ミミズクやフクロウにちなんで「イブー」(左)と「アウル」と命名された小型探査ロボット(JAXA提供)

 小型探査ロボットが撮影した小惑星りゅうぐうの表面=9月29日(JAXA提供)
 小型探査ロボットが撮影した小惑星りゅうぐうの表面=9月29日(JAXA提供)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は13日、探査機はやぶさ2から放出され、小惑星りゅうぐうの表面に着陸した2台の小型探査ロボットを「イブー」と「アウル」と命名したと発表した。

 それぞれフランス語でミミズクを意味する「HIBOU」と、英語でフクロウを表す「OWL」が名前の由来。

 これまでは2台のロボットを合わせて「ミネルバ2」と呼んでいた。ミネルバはローマ神話の女神で、知恵の象徴であるフクロウと一緒に芸術作品で描かれることが多いのにちなんだ。

 はやぶさ2は来年1月にも小惑星着陸に挑む。JAXAのチームは着陸場所を「トリニトス」と呼んでいる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.