天気予報を見る
 
新聞購読申込

日本原燃の増田次期社長が会見/「審査合格が使命」

2018/12/07 19:05

 日本原燃の次期社長に内定し、記者会見する増田尚宏特別顧問=7日午後、青森市
 日本原燃の次期社長に内定し、記者会見する増田尚宏特別顧問=7日午後、青森市

 青森県六ケ所村で原発の使用済み核燃料の再処理工場などを運営する日本原燃の工藤健二社長(65)が7日、青森市で記者会見し、来年1月1日付で相談役に退き、後任に増田尚宏特別顧問(60)が就任する人事を発表した。同席した増田氏は「各施設を原子力規制委員会の審査に合格させ、安全対策工事を確実に進めるのが使命だ。核燃料サイクルを確立したい」と述べた。

 工藤氏は「業務の中心が、審査対応から現場の工事に転換しつつあるこのタイミングで引き継ぐのが適切だと考えた」と人事の狙いを説明した。

 増田氏は東日本大震災の際、所長として福島第2原発の収束作業を指示した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.