天気予報を見る
 
新聞購読申込

志賀高原地域の保護強化/中環審、上信越国立公園

2018/11/12 12:00

 中央環境審議会は12日、自然環境部会を開き、上信越高原国立公園志賀高原地域(長野県、約2万5千ヘクタール)の保護を強化する答申案を了承した。動植物の採取などが制限される「特別保護地区」「特別地域」を全体の24%から85%へ拡大する内容で、環境省が来年初めまでに実施する。

 志賀高原地域は現在、規制の緩い「普通地域」が大半を占めている。新たな特別地域の一部は、冬季のスノーモービル乗り入れも禁止し、イヌワシや希少な湿原植物を保護する。

 上信越高原国立公園は志賀高原や浅間山などを含み群馬、長野、新潟の3県にまたがる。1949年に国立公園に指定された。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.