天気予報を見る
 
新聞購読申込

住民に最大20万円の和解案提示/相馬市の原発集団ADR

2018/10/21 16:18

 国の原子力損害賠償紛争解決センターは、福島県相馬市玉野地区の住民419人が東京電力に福島第1原発事故の慰謝料増額を求めた裁判外紛争解決手続き(ADR)で、最大20万円を賠償する和解案を示した。住民側弁護団が21日、記者会見して明らかにした。

 弁護団によると、和解案は事故が起きた2011年に限り、事故当時19歳以上の住民に月1万〜2万円、妊娠していた住民に月5千〜1万円を上乗せする内容。18歳以下は国の指針で別に賠償が定められていることや、年齢などによって精神的苦痛も多様だとして対象外とした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.