天気予報を見る
 
新聞購読申込

機体点検し水星目指す/打ち上げの探査機2基

2018/10/20 16:28

 JAXAが開発した水星探査機「みお」のイメージ(JAXA提供)
 JAXAが開発した水星探査機「みお」のイメージ(JAXA提供)

 【クールー(フランス領ギアナ)共同】南米フランス領ギアナから打ち上げられた日本と欧州初の水星探査機2基は19日(日本時間20日)、順調に飛行を続け、両基をつないで水星まで誘導する役目を担う輸送機が太陽電池パネルを展開した。今後、探査機は機体が正常かどうかのチェック作業に入る。

 輸送機はエンジンを積んでおり、欧州宇宙機関(ESA)が飛行経路を制御、7年かけて2基を水星に届ける。日本側の責任者、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の早川基教授は「到着後が本当の運用。その時にきちんとできるよう、今から人を育てていかないといけない」と語った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.