天気予報を見る
 
新聞購読申込

玄海原発敷地内で発煙、佐賀/原子炉に影響なし

2018/09/27 13:45

 九州電力玄海原発=佐賀県玄海町
 九州電力玄海原発=佐賀県玄海町

 27日午前10時すぎ、佐賀県玄海町の九州電力玄海原発で、同原発の当直担当者から「警報が鳴って煙が出ている」との通報が、同県唐津市消防本部にあった。同消防や九電などによると煙が出たのは、3、4号機の近くにある廃棄物処理建屋。火は上がっておらず、原子炉建屋への影響や外部への放射性物質漏れはなかったという。

 廃棄物処理建屋は、放射線管理区域で着用した作業着などの低レベル放射性廃棄物を、ドラム缶に詰めてセメントで固める施設。九電などは、セメントを扱う設備に関わる部品が壊れたのが原因とみて、詳しく調べている。

 玄海原発は3、4号機が6月までに順次再稼働した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.