天気予報を見る
 
新聞購読申込

火星の無人探査車が久々の消息/砂嵐で通信途絶、NASA

2018/09/26 20:49

 NASAが無人探査車オポチュニティーを捉えたとして発表した画像。矢印の先に白い点として写っているという(NASA提供)
 NASAが無人探査車オポチュニティーを捉えたとして発表した画像。矢印の先に白い点として写っているという(NASA提供)

 米航空宇宙局(NASA)は26日、火星表面で大規模な砂嵐に巻き込まれ、約3カ月前に通信が途絶えた無人探査車オポチュニティーの姿を、上空を飛ぶ別の探査機が捉えたと発表した。まだ通信は回復しておらず、探査を再開できるかどうかは不明だ。

 火星の上空約250キロから高解像度カメラで撮影した画像には、大きな谷の斜面に小さな点として写っているという。

 火星では5月末から大きな砂嵐が起きた。オポチュニティーは6月、ソーラーパネルでの発電ができなくなり、休眠状態に追い込まれた。

 2004年から火星表面で活動し、45キロを走破した「長寿探査車」だ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.