天気予報を見る
 
新聞購読申込

はやぶさ2、小型ロボを放出/小惑星りゅうぐうに向け

2018/09/21 16:59

 「はやぶさ2」が小惑星りゅうぐうに接近中に撮影した地表。中央やや左には「はやぶさ2」自身の影が映っている(JAXA、東京大など提供)
 「はやぶさ2」が小惑星りゅうぐうに接近中に撮影した地表。中央やや左には「はやぶさ2」自身の影が映っている(JAXA、東京大など提供)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は21日、探査機はやぶさ2を小惑星りゅうぐうの上空55メートルまで大接近させ、地表に向け小型ロボット「ミネルバ2」を放出した。JAXAは着陸が成功したかどうかの確認作業を進めており、結果は22日以降に判明するとしている。

 初代はやぶさは2005年11月、小惑星イトカワに向けて小型ロボット「ミネルバ」を放出したが、着陸に失敗し飛び去ってしまった。今回は13年ぶりの再挑戦となる。無事着陸すれば探査機本体に先駆けて、表面の撮影や、小さな重力の中での移動実験を行う。

 ミネルバ2は3台のロボットからなり、今回は2台を放出した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.