天気予報を見る
 
新聞購読申込

コロブス類のサル、甘味に鈍感/苦味も、競争避け独自の進化か

2018/09/07 18:28

 インドネシアの自然保護区で葉を食べるコロブス類のサル(京都大提供)
 インドネシアの自然保護区で葉を食べるコロブス類のサル(京都大提供)

 葉や熟していない果物を主食とするコロブスという種類のサルは、甘味に対する感覚が鈍いことが分かったと、京都大の今井啓雄教授(分子生物学)のチームが7日、発表した。成果は国際科学誌電子版に掲載された。

 コロブス類にはテングザルやキンシコウ、ジャワルトンなどがいる。

 これまでの研究で、苦味にも鈍感なことが判明しており、味覚があまり機能しないように進化した可能性があるという。

 チームによると、コロブス類は主に樹上で生活するが、甘く熟した果物をほとんど食べない。甘いものを好む他の霊長類や鳥類との競争を避け、独自の嗜好を形成していったとみられる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.