天気予報を見る
 
新聞購読申込

原子力機構の研究炉、合格先送り/規制委の審査で

2018/09/05 12:13

 日本原子力研究開発機構の研究炉「JRR3」(同機構提供)
 日本原子力研究開発機構の研究炉「JRR3」(同機構提供)

 原子力規制委員会は5日の定例会合で、日本原子力研究開発機構の研究炉「JRR3」(茨城県東海村)について、運転再開の前提となる審査に事実上、合格させる判断を先送りした。安全対策の内容を盛り込んだ「審査書案」を了承する見通しだったが、内容の一部が不十分と判断、次回以降の定例会合で改めて議論する。JRR3は国産初の研究炉で、その後、改造。タンパク質の構造解析などを行う。

 機構は2020年10月末の運転再開を目指している。

 改造前のJRR3には、設計段階から建設まで国内技術が使われた。原子炉本体を交換する改造後、1990年に臨界に達した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.