天気予報を見る
 
新聞購読申込

海鳥メガネウの化石、青森で発見/ロシア中心に広範囲生息

2018/07/12 00:09

 ロシア・カムチャツカ半島東部にある北太平洋のベーリング島の固有種と考えられていた大型の海鳥「メガネウ」の化石が青森県で見つかったと、京都大の渡辺順也教務補佐員(古生物学)らのチームが12日付の鳥類国際学術誌電子版に発表した。

 メガネウは狩猟の影響で1850年ごろ絶滅したとされる。チームは「古くは青森県に至る広い範囲にすんでいたが、人類に発見された時点でかつての生息域の大半を失っており、ベーリング島に生き残っていたところを人類により絶滅に追いやられた」とみている。

 メガネウは1741年に発見され、くちばしから尾の先までが1メートル弱あり、体重は5〜6キロ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.