天気予報を見る
 
新聞購読申込

豪、サンゴ礁保護に413億円/過去最大規模

2018/04/29 17:58

 オーストラリアのグレートバリアリーフ(共同)
 オーストラリアのグレートバリアリーフ(共同)

 【シドニー共同】オーストラリア政府は29日、北部沖にある世界最大のサンゴ礁「グレートバリアリーフ」の保護活動に新たに5億豪ドル(約413億円)を投じると発表した。5月に発表する2018年度(18年7月〜19年6月)予算案に盛り込むとみられ、グレートバリアリーフの保護を巡る単独の支出としては過去最大額としている。

 グレートバリアリーフは国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界自然遺産で、オーストラリアを代表する観光資源だが、近年、海水温の上昇などが原因でサンゴの死滅につながる白化現象や、オニヒトデがサンゴを食い荒らす被害が深刻化し、対策が急務となっている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.