天気予報を見る
 
新聞購読申込

民間ロケット、28日発射へ/北海道大樹町

2018/04/27 17:11

 小型ロケットMOMO2号機の横に立つインターステラテクノロジズの稲川貴大社長(左)と堀江貴文さん=3月、北海道大樹町
 小型ロケットMOMO2号機の横に立つインターステラテクノロジズの稲川貴大社長(左)と堀江貴文さん=3月、北海道大樹町

 北海道大樹町の宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」が28日、自社開発の小型ロケットMOMO(モモ)2号機を町内の実験場から打ち上げる。昨年7月に発射した1号機が果たせなかった高度100キロ超の宇宙空間到達に挑む。到達すれば民間単独では日本初で、地元の官民も支援している。

 同社は実業家堀江貴文さんらが設立。1号機は発射約70秒後に通信が途絶え、エンジンを緊急停止させた。2号機は制御方法を変更し、機体の強度も約3倍に高めるなど改良を加えた。全長約10メートル、直径50センチで、悪天候などで28日に発射できない場合、翌日以降に順延する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.