天気予報を見る
 
新聞購読申込

彗星表面、迫力の「動画」が話題/「エベレストか南極の谷のよう」

2018/04/27 09:34

 動画のもとになった、探査機ロゼッタが捉えたチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の表面近くの画像。白い点はちりなど(ESA提供・共同)
 動画のもとになった、探査機ロゼッタが捉えたチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の表面近くの画像。白い点はちりなど(ESA提供・共同)

 【ワシントン共同】欧州宇宙機関(ESA)が26日までに公開した彗星表面近くの画像を、一般の宇宙ファンが組み合わせて迫力の動画に仕立て、インターネット上に発表し話題となっている。切り立った崖を背景に雪が吹き荒れているようにも見え、「(世界最高峰の)エベレストか、南極の谷のようだ」とのコメントも寄せられた。

 撮影場所はESAが2014年から無人探査機「ロゼッタ」で調べた、全長3〜4キロほどのチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星。ロゼッタは16年9月に彗星に落下して任務を終えたが、画像はその直前の6月に捉えた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.