天気予報を見る
 
新聞購読申込

初の素粒子衝突に成功、高エネ研/新型加速器、宇宙誕生を再現

2018/04/26 09:56

 初の素粒子衝突の様子を示すコンピューター画像。電子と陽電子が中央で衝突し、生まれた素粒子などが直線や弧を描いて飛び散っている(高エネルギー加速器研究機構提供)
 初の素粒子衝突の様子を示すコンピューター画像。電子と陽電子が中央で衝突し、生まれた素粒子などが直線や弧を描いて飛び散っている(高エネルギー加速器研究機構提供)

 高エネルギー加速器研究機構(茨城県)は26日、旧型加速器を改良した新型加速器「スーパーKEKB(ケックビー)」を使い、素粒子同士を衝突させる最初の実験に成功したと発表した。今後、衝突を数多く繰り返すことで宇宙誕生直後に似た環境を再現し、謎の多い当時の状況を知る手掛かりを探す。

 同様の実験は海外や、2010年まで稼働していた高エネ研の旧型加速器でも行ってきた。スーパーKEKBは効率を大幅に上げるため、ビームを細くして含まれる素粒子を増やし、衝突が最大40倍起きやすくなるように設計した。

 素粒子は星や生物を構成する最小単位。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.