天気予報を見る
 
新聞購読申込

海底生物を捕る自動ロボ開発/東大と九工大、環境調査に活用

2018/04/24 11:45

 海底を自動で動き回って生き物を捕まえるロボット(東京大提供)
 海底を自動で動き回って生き物を捕まえるロボット(東京大提供)

 海底を自動で動き回って生き物を捕まえるロボットを開発したと、東京大と九州工業大のチームが24日、発表した。従来の人が乗り込む探査船やケーブル付きの遠隔操縦機より手軽に使える利点があり、チームは海底の環境調査に役立てたいとしている。

 ロボットは一辺が約1・3メートルの箱形で、水深2千メートルまで潜ることができる。海上の支援船から下ろし、あらかじめプログラムされたコースを自動で航行する。

 海底を5秒おきに撮影。色やライトの当たり方で、生き物の可能性がある画像を選んで支援船に送信する。この画像を基に対象を指定すると、ロボットは吸引装置で生き物を捕獲する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.