天気予報を見る
 
新聞購読申込

豪グレートバリアリーフが壊滅死/16年の水温上昇で全体の3割

2018/04/19 20:29

 オーストラリア・グレートバリアリーフで、著しく白化したサンゴ(中央右)=ガーガリー・トーダ氏撮影、オーストラリア研究会議サンゴ礁研究センター提供(共同)
 オーストラリア・グレートバリアリーフで、著しく白化したサンゴ(中央右)=ガーガリー・トーダ氏撮影、オーストラリア研究会議サンゴ礁研究センター提供(共同)

 【シドニー共同】オーストラリアの研究チームは19日、2016年に長期間続いた海水温の極端な上昇の影響で、同国北部沖にある世界最大のサンゴ礁「グレートバリアリーフ」が全体の約3割に及ぶ壊滅的な大量死を起こしたとする調査結果を発表した。英科学誌ネイチャーも結果を掲載した。

 グレートバリアリーフは国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産。チームは、グレートバリアリーフは気候変動に脅かされているとして、産業革命以前と比べて2度をはるかに上回る気温上昇を将来的に抑制できないと、サンゴ礁の生態系が根本的に変化してしまうと警告している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.