天気予報を見る
 
新聞購読申込

福島第1原発に自動運転EVバス/作業員向け、初の実用化

2018/04/18 18:20

 東京電力福島第1原発構内を走る自動運転のEVバス=18日午後
 東京電力福島第1原発構内を走る自動運転のEVバス=18日午後

 東京電力は18日、廃炉作業が続く福島第1原発で、作業員向けに自動運転の電気バス(EVバス)の運用を始めた。広い構内での移動の効率化が狙い。東電によると、自動運転のEV実用化は国内初で、将来は原発の視察者用にも使う予定。

 バスは定員15人で最高時速18キロ。運転席やハンドルはなく、同乗したオペレーターがタッチパネル上の地図で行き先を押すと、自動で走り始めた。前後左右8カ所に光センサーがあり、歩行者を感知すると徐行するほか、横断歩道を渡ろうとする人がいれば停止する。

 導入したのは3台で、原発の構内入り口の建物から、作業員の休憩所まで約1キロを往復する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.