天気予報を見る
 
新聞購読申込
 
 

温暖化対策、外交の柱に/外務省の有識者提言案

2018/04/17 18:17

 外務省の有識者会合が、地球温暖化対策を日本外交の柱に据え、国内技術を活用し海外で再生可能エネルギーを広めるべきだとの提言案をまとめたことが、17日分かった。

 日本で来年、20カ国・地域(G20)首脳会合が開かれ、2020年には「パリ協定」が始まることを念頭に、取り組みを強化し、世界の「脱炭素化」の議論をリードするよう促す狙い。19日の会合で正式決定し、河野太郎外相に提出する。

 提言案は、温暖化は人類が直面する今世紀最大の課題で、外務省を挙げて「日本外交の主軸」として取り組むべきだと指摘した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.