天気予報を見る
 
新聞購読申込

紀伊半島、低水温でサンゴに被害/海流変化が影響か

2018/04/10 18:30

 感染症にかかり、まだらに白くなったサンゴ=3月7日、和歌山県串本町沿岸(環境省提供)
 感染症にかかり、まだらに白くなったサンゴ=3月7日、和歌山県串本町沿岸(環境省提供)

 三重県と和歌山県の紀伊半島沿岸のサンゴ群集にこの冬、低水温による被害が生じ、多くの地点で2割以上が死んだとの緊急調査結果を環境省が10日、発表した。暖流の黒潮が蛇行し、紀伊半島沖からそれた影響で記録的な低水温となったほか、感染症も発生して被害が拡大したとみている。

 環境省は3月、紀伊半島沿岸の20地点を調査。死んだサンゴの割合は、半島の西側ではほとんどの地点で2割を超え、特に和歌山県の白浜町、田辺市、みなべ町の調査地点では8割以上に及んだ。

 生きたサンゴが覆う面積の割合の「被度」が下がった場所も多く、和歌山県串本町などで大幅に低下した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.