天気予報を見る
 
新聞購読申込

英北部で多数の恐竜足跡/ジュラ紀中期の化石

2018/04/04 05:16

 英スコットランドのスカイ島で見つかった約1億7千万年前の恐竜の足跡(エディンバラ大提供・ロイター=共同)
 英スコットランドのスカイ島で見つかった約1億7千万年前の恐竜の足跡(エディンバラ大提供・ロイター=共同)

 【ロンドン共同】英北部スコットランドのスカイ島で、約1億7千万年前(ジュラ紀中期)の恐竜が残したとされる約50の巨大な足跡が見つかった。調査チームを率いた英エディンバラ大が3日に発表した。

 ジュラ紀中期の足跡の化石は世界でも発見例が少なく、恐竜の生態や進化の過程を解明する上で貴重な資料になるという。足跡は首の長い大型恐竜「竜脚類」の一種やティラノサウルスの祖先が残したと考えられている。

 英メディアによると、足跡は大きなもので直径約70センチ。海岸沿いの岩場や沼地で見つかり、調査には小型無人機ドローンが使われた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.