天気予報を見る
 
新聞購読申込

玄海原発3号機、1日から点検/蒸気漏れの原因特定へ

2018/03/31 17:05

 九州電力は31日、玄海原発3号機(佐賀県玄海町)の2次系配管で蒸気漏れが確認されたトラブルを受け、4月1日に点検を始めると発表した。漏えい箇所や原因を調べ、必要な対策を検討する。点検にかかる期間は未定。

 3月30日夜に発電に必要な蒸気をつくる2次系設備の一部、空気抜き管で蒸気漏れを確認。31日に発電と送電を停止した。

 点検作業は、配管の温度が下がるなど環境が整い次第、始める。原子炉は停止させず、核分裂反応が安定的に持続する「臨界」状態を保つ方針。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.