天気予報を見る
 
新聞購読申込

玄海3号機の発送電停止/九電、蒸気漏れトラブルで

2018/03/31 09:59

 佐賀県玄海町の九州電力玄海原発3号機。左は4号機=23日
 佐賀県玄海町の九州電力玄海原発3号機。左は4号機=23日

 九州電力は31日、玄海原発3号機(佐賀県玄海町)の配管から微量の蒸気漏れが確認されたトラブルで、点検のために発電と送電を停止した。4号機は5月下旬の再稼働を目指していたが、今回のトラブルを受け再稼働の遅れは必至だ。

 九電は31日午前1時から核分裂を抑えるホウ素濃度を調整するなどして発電機の出力を下げる作業を開始。午前6時ごろ発電と送電を停止した。

 蒸気漏れが確認されたのは、蒸気発生器に送る水に含まれる微量な酸素や二酸化炭素などを取り除く「脱気器」と呼ばれる装置。脱気器は高温なため、冷却させてから状況を調べる。放射性物質の漏れは確認されていないという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.