天気予報を見る
 
新聞購読申込

濃縮ウラン、6年ぶり出荷へ/日本原燃、再稼働原発に

2018/03/30 19:19

 日本原燃は30日、ウラン濃縮工場(青森県六ケ所村)で生産したウランの出荷を、2018年度上半期に再開すると明らかにした。原燃によるウランの出荷は12年6月以来6年ぶり。再稼働の動きが進む国内の原発で使う核燃料に加工される。

 原燃によると、4トンを「三菱原子燃料」(茨城県東海村)に出荷し、核燃料に加工する。

 ウラン濃縮工場は放射性物質の漏えい対策が不十分と判明し、昨年9月から生産を停止している。今回出荷するのは停止前に製造し、保管しているウラン。

 濃縮工場は1992年に操業を開始した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.