天気予報を見る
 
新聞購読申込

福島第1、廃炉の現場を疑似見学/発電所構内の360度映像

2018/03/29 17:30

 東京電力は29日、福島第1原発で進む廃炉作業と汚染水対策の現場を知ってもらおうと、発電所構内を360度カメラなどで撮影した動画の公開を同社ホームページ上で始めた。構内を疑似的に見学できる。

 動画の多くは現場にいる人の視点で撮影されている。事故が起きた1〜4号機の原子炉建屋を間近で見ることができるほか、高濃度汚染水を浄化する設備や、浄化後の処理水を保管するタンク群などを、歩きながら見学している感覚で視聴できる。画面では、それぞれの場所の空間放射線量も確認できる。

 第1原発を視察した人は2017年度、2月末時点で延べ約1万1400人に上る。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.