天気予報を見る
 
新聞購読申込

腸の動きまねロケット燃料製造/JAXA、効率良く安全に

2018/03/29 08:40

 腸の動きをまねた、ロケット固体燃料を作る装置。右から1番目と4番目が空気で収縮している=16日、東京都文京区の中央大
 腸の動きをまねた、ロケット固体燃料を作る装置。右から1番目と4番目が空気で収縮している=16日、東京都文京区の中央大

 食べ物を混ぜながら先に送る腸の「蠕動運動」をまね、ロケットの固体燃料を効率良く安全に作る仕組みを宇宙航空研究開発機構(JAXA)と中央大のチームが29日までに開発した。製造した燃料で小型ロケットのエンジンの燃焼実験に成功しており、実用化を目指す。

 蠕動運動は、腸が収縮位置をだんだんと変えて、食べ物を移動させる動き。チームはゴム製の人工筋肉を直径約10センチ、高さ約13センチの円筒状にし、空気で収縮させる装置を開発。複数個つなげて腸の動きを再現した。

 JAXAの羽生宏人准教授は「製造の無駄がなくなり、コストも削減できる」と話している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.