天気予報を見る
 
新聞購読申込

米、最大の宇宙望遠鏡計画ピンチ/予算超過で取りやめも

2018/03/28 09:06

 打ち上げの延期が決まった宇宙望遠鏡「ジェームズ・ウェブ」の想像図(NASA提供・共同)
 打ち上げの延期が決まった宇宙望遠鏡「ジェームズ・ウェブ」の想像図(NASA提供・共同)

 【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は27日、2019年前半に予定した史上最大の宇宙望遠鏡「ジェームズ・ウェブ」の打ち上げを、20年5月ごろまで延期すると発表した。システムに想定外の問題が見つかったためで、計画の遅れにより予算がオーバーし、打ち上げが取りやめになる可能性も出てきた。

 望遠鏡はNASAがこれまでに73億ドル(約7690億円)を投じて開発と打ち上げ準備を進めてきた。地上での追加試験などが必要で、米議会に認められた予算の上限額の80億ドルを超える恐れがあるという。

 その場合、改めて議会の承認が必要になる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.