天気予報を見る
 
新聞購読申込

神戸製鋼にCO2削減求める/石炭火力発電、環境相意見

2018/03/23 02:00

 神戸製鋼所が神戸市で計画する石炭火力発電所の環境影響評価(アセスメント)で、環境省が、地球温暖化をもたらす二酸化炭素(CO2)の効果的な排出削減策が取れなければ、建設自体を見直すよう求める環境相意見をまとめたことが22日、分かった。「CO2削減の道筋が描けない場合、事業の再検討も含めあらゆる選択肢を検討することが重要だ」とした。

 稼働後に電力の供給を受ける関西電力にも「確実にCO2排出削減に取り組む必要がある」とくぎを刺した。

 神戸製鋼は灘区の神戸製鉄所内に出力計130万キロワットとなる石炭火力発電所2基の新設を計画。2021年以降の稼働を目指している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.