天気予報を見る
 
新聞購読申込

防災目的の超小型衛星製作/ブータンの九工大留学生ら

2018/03/17 06:26

 ブータンの留学生らが製作した3基の超小型の情報収集衛星(九州工業大提供)
 ブータンの留学生らが製作した3基の超小型の情報収集衛星(九州工業大提供)

 九州工業大(北九州市)で宇宙工学を学ぶブータンや東南アジアからの留学生らが、防災に役立てることなどを狙いとした超小型の情報収集衛星3基を作った。年内に国際宇宙ステーションへ運び、日本実験棟「きぼう」から放出して周回軌道に乗せる計画だ。

 衛星は1辺が約10センチの立方体で、重さ約1キロ。防災に役立てることを想定し、山間部や離島といった地理的条件の悪い場所に設置する温湿度計や水位計と連動し、データを集める機能を盛り込んだ。

 発展途上国の人工衛星開発を支援する九工大のプロジェクトで、昨年の制作発表に続く第2弾。設計には日本の学生も協力した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.