天気予報を見る
 
新聞購読申込

福島第1で溶融核燃料試験採取へ/政府と東電、19年度までに

2018/03/16 10:25

 福島第1原発2号機原子炉格納容器の底で見つかった燃料集合体の一部とその周辺の溶融核燃料と思われる堆積物=1月(国際廃炉研究開発機構提供)
 福島第1原発2号機原子炉格納容器の底で見つかった燃料集合体の一部とその周辺の溶融核燃料と思われる堆積物=1月(国際廃炉研究開発機構提供)

 東京電力福島第1原発事故で溶け落ちた核燃料(デブリ)の本格的な取り出しに向けて、政府と東電が2019年度までに、試験的に少量のデブリを採取する方向で検討していることが16日、分かった。関係者が明らかにした。デブリの硬さや成分など性状を把握し、取り出しのための装置の開発などにつなげる。

 試験採取はごく微量になる見通しで、廃炉工程表上のデブリ取り出し開始とは区別する。現時点では、原子炉格納容器内でデブリが確認され、内部構造物の損傷の比較的少ない2号機が対象になる可能性が高い。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.