天気予報を見る
 
新聞購読申込

新燃岳、2日ぶりに爆発的噴火/溶岩流続く

2018/03/09 21:09

 火口から溶岩流が流出した宮崎、鹿児島県境の霧島連山・新燃岳=9日午後5時29分(共同通信社ヘリから)
 火口から溶岩流が流出した宮崎、鹿児島県境の霧島連山・新燃岳=9日午後5時29分(共同通信社ヘリから)

 気象庁は9日、宮崎、鹿児島県境の霧島連山・新燃岳(1421メートル)で同日午後4時ごろ、空振を伴う爆発的噴火が起きたと発表した。爆発的噴火は7日以来2日ぶり。大きな噴石が火口から約800メートル飛び、噴煙は火口から約3200メートルの高さに達した。直径約700メートルの火口の大半は溶岩で埋め尽くされており、火山ガスの圧力が高まるなどして爆発したとみられる。

 気象庁によると、9日午前に鹿児島県霧島市の火口北西側で確認された溶岩流は午後も続いた。新燃岳で溶岩流が確認されたのは観測史上初めて。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.