天気予報を見る
 
新聞購読申込

新燃岳、溶岩ドームの直径拡大/国土地理院が観測データ分析

2018/03/09 12:28

 宮崎、鹿児島県境の霧島連山・新燃岳の3月7日(上)と9日に観測された新燃岳の画像。中央の丸い部分は火口(宇宙航空研究開発機構、国土地理院提供)
 宮崎、鹿児島県境の霧島連山・新燃岳の3月7日(上)と9日に観測された新燃岳の画像。中央の丸い部分は火口(宇宙航空研究開発機構、国土地理院提供)

 国土地理院は9日、宮崎、鹿児島県境の霧島連山・新燃岳(1421メートル)の火口内側にできた盛り上がりの直径が拡大し、約650メートルになったと発表した。専門家はこの盛り上がりを溶岩ドームとしている。

 国土地理院が、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の陸域観測技術衛星「だいち2号」の観測データを基に分析。溶岩ドームは7日午後1時ごろに直径約550メートルだったが、9日午前0時10分ごろには、同650メートルまで大きくなっていた。

 6〜7日の時点で火口東側に接していたものが、北西側に広がっているという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.