天気予報を見る
 
新聞購読申込

気象庁、地震速報の精度向上へ/新手法導入、22日から

2018/03/08 21:17

 気象庁は8日、緊急地震速報に新しい震度予想の手法を導入すると発表した。東日本大震災のような震源域が広い巨大地震で、震源から離れた地域の予想精度が向上する。導入は22日正午を予定している。

 現行の緊急地震速報は2カ所以上で地震波が観測され、最大震度5弱以上が予想される地震で発表される。予想震度4以上の地域が、スマートフォンなどにブザー音と共に通知が届く警報の対象になる。

 新手法はPLUM(プラム)法と呼ばれ、震度計で観測された強い揺れから、まだ揺れていない周辺地域の震度を予想する。震源からの距離に関係なく揺れを予想できるのが特徴だ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.