天気予報を見る
 
新聞購読申込

電源開発の原発に不適合品90個/三菱電線製、安全上の問題なし

2018/03/07 19:27

 電源開発(Jパワー)は7日、大間原発(青森県)に、製品データ不正をしていた三菱電線工業の不適合品90個が使われていたと発表した。他にも東京電力ホールディングス、北陸電力、中国電力の保有する各原発で、不適合品が使用されていた恐れがある。いずれも安全上の問題はないとしているが、万全を期すため全てを交換する。

 原子炉の緊急停止時に挿入する弁に使うゴム製部品で、三菱電線工業が原発メーカーの日立GEニュークリア・エナジー(茨城県日立市)に納入した。硬さの基準を満たさない不適合品が含まれていた。

 Jパワーは7日に日立GEから報告を受けた。大間原発は建設中。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.