天気予報を見る
 
新聞購読申込

シマフクロウ、北海道で増加傾向/環境省、165羽確認

2018/03/05 20:49

 環境省釧路自然環境事務所(北海道釧路市)は5日、国の天然記念物で絶滅危惧種のシマフクロウについて、北海道東部を中心とする生息地で165羽の個体を確認し、増加傾向にあると明らかにした。これまでは専門家による推定で約140羽としていた。

 同事務所が、調査のための標識を付けたひなやつがいの数から集計。「保護、増殖のために設置した巣箱に営巣した個体もおり、効果が確認された」としている。

 環境省や研究者らでつくる保護増殖検討会が5日、釧路市で開かれ、集計結果が発表された。同事務所は今後、5年に1度程度のペースで個体数の公表を検討している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.