天気予報を見る
 
新聞購読申込

月・火星探査には政府の協力必要/宇宙ビジネスの企業が展望議論

2018/03/02 17:04

 宇宙ビジネスの展望を議論する会合で発言する宇宙ベンチャー「ispace」の袴田武史社長(左)=2日午後、東京都目黒区
 宇宙ビジネスの展望を議論する会合で発言する宇宙ベンチャー「ispace」の袴田武史社長(左)=2日午後、東京都目黒区

 宇宙開発に取り組む世界の企業が、月面探査など将来の宇宙ビジネスの展望を議論する会合が2日、東京都内で開かれた。参加した企業は政府の協力の必要性を訴えた。

 日本の宇宙ベンチャー「ispace」(東京)の袴田武史社長は「宇宙には経済効果が見込める価値がある。今後は民間が提供するサービスを国がどう利用していくのかが重要になる」と話した。

 米ロッキード・マーチンの担当者は、企業が単独で大型の探査を実施するのは難しいとして、「月や火星に人を送るような挑戦には政府との連携が欠かせない」と指摘。「技術や知識は世界的に蓄積されるべきだ」として国際協力の重要性を訴えた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.