天気予報を見る
 
新聞購読申込

目的地の「りゅうぐう」見えた/はやぶさ2、130万キロ先撮影

2018/03/01 20:43

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は1日、探査機「はやぶさ2」が130万キロ先にある目的地の小惑星「りゅうぐう」を初めて撮影したと発表した。これまで最初に撮影できるのは5月ごろと見込まれていた。カメラの作動試験で偶然捉えたため、研究チームは驚いているという。到着は6月下旬の予定。

 りゅうぐうは直径約900メートルのほぼ球形だが、表面の状態など詳しいことは分かっていない。2月26日のカメラの作動試験後、画像を点検すると、真っ暗な宇宙空間の中に、ぼやけた白い点として写っていた。周囲の恒星との位置関係などから、りゅうぐうと特定した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.