天気予報を見る
 
新聞購読申込

超小型衛星放出事業を民間委託/きぼう活用、JAXAが募集

2018/02/23 20:44

 国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」の装置(右)から放出される超小型衛星=2017年1月(JAXA、NASA提供)
 国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」の装置(右)から放出される超小型衛星=2017年1月(JAXA、NASA提供)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は23日、国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」から超小型衛星を放出する事業を民間に委託すると発表した。きぼうを活用した事業を民間に開放する動きの第1弾で、事業者の募集を始めた。1社または業務ごとに複数社を選び、2018年度中の委託を目指す。

 JAXAによると、需要の調査や価格の設定、契約などを企業や大学に委託。衛星の安全性の確認やきぼうへの輸送はJAXAが担当する。募集は4月6日まで。

 現在の放出料金は、衛星のサイズによって、1個300万〜1億400万円という。

る。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.