天気予報を見る
 
新聞購読申込

米企業21年に民間初の宇宙基地/外国政府の需要狙う

2018/02/21 09:12

 民間として初めて、2021年に打ち上げが決まった宇宙ステーションのイメージ(ビゲロー・スペース・オペレーションズ提供・共同)
 民間として初めて、2021年に打ち上げが決まった宇宙ステーションのイメージ(ビゲロー・スペース・オペレーションズ提供・共同)

 【ワシントン共同】米宇宙ベンチャーのビゲロー・エアロスペースは20日、民間で初となる独自の宇宙ステーションを2021年に地球を回る軌道に打ち上げると発表した。社長のロバート・ビゲロー氏は「有人宇宙開発を目指す外国政府の需要を見込んでいる」と話しており、新会社「ビゲロー・スペース・オペレーションズ」を創設、運用に当たる。

 トランプ米大統領は、米航空宇宙局(NASA)などが運用する国際宇宙ステーションへの資金拠出を25年で終了させ、民間に運用を任せる方針を示した。中国も独自のステーションを開発し、諸外国に開放する構え。宇宙利用の顧客獲得競争が熱を帯びそうだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.